• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今の60歳以下はみんな腑抜けている

2016年6月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

編集:こうした行動を汚い手段として選ばない人たちは一定数います。彼らは、「人を煽てて目的を達成する」という考え方そのものを、卑しいものと見ているように感じます。もしそんな人が上司だったら、逆効果ではないでしょうか。

自分ができないから、「ズルい」と指弾する

牧野:まず、部下から尊重されて気分を害する人間なんていない。あんまり露骨にゴマを擦っているように見えたら別だけどね。普通は気付かないよ。

 あと、こういう手段を嫌う人たちは、自分ができない行動を、覚悟を持ってやっている人たちを妬んでいるんだと僕は思う。その結果、「ズルい」と指弾している。

 僕は学校の教師だけでなく、会社の上司や同僚にも気を使った。えこひいきされて楽をしようというよりは、自分の糧となる仕事をやりきるための環境整備が目的だった。特に、契約コンサルタントとしてIBMで働いていたときは気を付けたよ。上司・同僚とはいえ、僕は外部から来ている人間で、パフォーマンスはもちろん、煙たがられるだけでも切られる立場だったからね。

 これは、リンクアンドモチベーションズを創った小笹芳央さんが提唱している「アイ・カンパニー」の考え方につながると思う。自分という一つの会社をどうやって経営するか、というものだ。上司や先輩、同僚は最も身近な取引先や競合になる。そんな風に考えられたら、飲み屋で上司の愚痴を言いつつも、昼間は上司の目を見て話を聞きたくなってくるはずだ。人の心をつかめないと、大きな仕事は絶対にできないんだからね。

編集:私にも社内に取引先がたくさんいます。この意識を入社時から持って仕事をしてきた人とは大きな差ができているんだろうなと反省しております。

牧野:そう思うなら今日から始めることだ。君の上司にお会いしたら、部下との関係性について確かめておくとしよう(笑)

編集:勘弁してください…。

(続く)

コメント12件コメント/レビュー

小生は同じ年であるが、団塊の世代を擁護する気はない。
ちょうど50代の人間が、社会に出た時にばりばりやっていたのが団塊の世代だから、団塊の世代はパワーがあると思い込んだのではないか?下の世代は団塊の世代のパワーが落ちてから見ているので、なぜ?と感じるのかもしれない。
団塊の世代の問題は、戦後教育を受けているところだ。小生の親は戦前の教育をある程度受けた世代である。それと戦後教育しか知らない団塊の世代は別だ。戦前の教育を受けて、戦後を経験した人間は、価値観が180度変わったので、あまり主張せず、ひねくれた人が多い。団塊の世代は戦後教育の価値観で、さわがしく、猛進した世代だ。今の世代よりはものを考えているが、やはり戦後教育のくびきから逃れていない。
団塊の世代の思想、常識に反発したのが、今の50代だと思うが、人にもよるのだろう。
まあ、40代、30代と団塊の世代を比べれば、下の世代がダメだなと思うのは、確かに否定できないが、、、、(2016/07/14 07:34)

「牧野正幸のジャケットを脱がない生き方」のバックナンバー

一覧

「今の60歳以下はみんな腑抜けている」の著者

牧野 正幸

牧野 正幸(まきの・まさゆき)

ワークスアプリケーションズCEO

1963年、神戸市生まれ。大手建設会社、ITコンサルタントを経て、1996年にソフトウェアメーカーであるワークスアプリケーションズを設立。趣味はスーツとトライアスロン。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小生は同じ年であるが、団塊の世代を擁護する気はない。
ちょうど50代の人間が、社会に出た時にばりばりやっていたのが団塊の世代だから、団塊の世代はパワーがあると思い込んだのではないか?下の世代は団塊の世代のパワーが落ちてから見ているので、なぜ?と感じるのかもしれない。
団塊の世代の問題は、戦後教育を受けているところだ。小生の親は戦前の教育をある程度受けた世代である。それと戦後教育しか知らない団塊の世代は別だ。戦前の教育を受けて、戦後を経験した人間は、価値観が180度変わったので、あまり主張せず、ひねくれた人が多い。団塊の世代は戦後教育の価値観で、さわがしく、猛進した世代だ。今の世代よりはものを考えているが、やはり戦後教育のくびきから逃れていない。
団塊の世代の思想、常識に反発したのが、今の50代だと思うが、人にもよるのだろう。
まあ、40代、30代と団塊の世代を比べれば、下の世代がダメだなと思うのは、確かに否定できないが、、、、(2016/07/14 07:34)

上司の機嫌取りだけをしていれば嫌みを言われて当然。
それをできないから嫉妬しているのではなく、機嫌取りではイエスマンになりがちだし、イエスマンだらけなだけでは組織は傾くし、上司による横暴を許す、留まって居られない組織になるから。
そもそも年齢が上がるごとに物覚えが悪くなるのが既定路線の人生において、上司の横暴を許していたら言う度に内容が変わるとんでもない組織になりかねない。
機嫌取りのデメリットよりメリットが大きいのであれば集団主義の強い日本ではもっと受け容れられていますよ。
相手が客でも限度がありますし。
今の60歳以下(自分も含まれる)の考えが足りないという指摘には共感できる。
一方で上の世代の価値観がガチガチなのも事実で、例えばコンピューターに対する抵抗感の強さには辟易させられてばかりきた。(2016/06/05 03:37)

真意を汲み取るのが難しい記事であることは間違いありませんが、
ビジネスの世界で生きていく上でも、人生をどう乗り切っていくかに
ついても、多くのヒントをもらえるように思います。

反発している方々も賛同している方も、自分と引き比べて
ほめられているかけなされているかを尺度にしているようにも
感じられます(もちろんすべてがそうではありません。的確な
論考もあり感じ入りました。)

自分の伴侶でも上司でもない牧野さんにほめられるかどうかは
正直言って何の意味もありません。考え方のヒントをもらえれば
それで良しとしましょう。(2016/06/04 22:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長