• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「聞く力」を鍛えて「対話力」を高めよう!

このコラムについて

 「対話力」とは、会話を通じて合意を形成する能力のこと。対話では、「話す」「聞く」の両方の力を駆使する必要があります。しかし、ほとんどのビジネスパーソンは話すことにばかり熱心で、聞くことをおろそかにしています。これでは、対話力は向上しません。

 こう言うと、「それじゃあ、傾聴すればいいのね」と安易に考える人がいます。でも、それだけでは足りません。傾聴するだけでは、一方的に話を聞かされる状態に陥りやすく、やはり対話にならないのです。

 対話に必要なのは、「目的意識をもって、能動的・主導的に話を聞けるようになること」です。本コラムでは、日本および中国で「サポーティブリスニング」という概念の普及に取り組んでいる、コミュニケーション・コンサルタントの辻口寛一氏が、「聞くこと」の重要性とそのコツについて、わかりやすくお話しします。

記事一覧

著者プロフィール

辻口 寛一

辻口 寛一(つじぐち・ひろかず)

クロスロード株式会社 代表取締役 コミュニケーション・コンサルタント

コミュニケーション・コンサルタント。「サ ポーティブリスニング」を提唱。「聞くこと」 から始めて対話力を強化する教育と、それに よってホワイトカラーの生産性を向上させる コンサルティングを提供している。

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長