• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

尿糖は出てないから、糖尿病の心配はない?

  • 田村 知子

バックナンバー

2016年9月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 会社勤めを続けている限り、避けては通れない職場の健康診断。自覚症状のない病気を見つけてくれるのは有難いが、仕事に追われるなかで再検査を受けるのはできれば避けたいのが人情。異常値を指摘されたとしても、どこまで生活を見直せばよいのか、今ひとつ釈然としない人も多いだろう。このコラムでは、各種検査への臨み方や結果の見方、検査後の対応など、誤解交じりで語られやすい職場健診についてわかりやすく解説する。

Q 高血糖だけど、尿検査で尿糖は出ていないから、糖尿病の心配はない?

A いいえ。尿糖が陰性でも、空腹時血糖やヘモグロビンA1cの値が異常なら糖尿病の可能性がある。

 職場の健康診断で行われる尿検査では、「尿たんぱく」「尿潜血反応」「尿糖」「尿ウロビリノーゲン」などの項目がある。尿たんぱくと尿潜血反応は主に腎臓・尿路系、尿糖は糖代謝、尿ウロビリノーゲンは肝機能に異常がないかどうかを調べるものだ。

 検査方法は、採尿した尿に試験紙を浸して、色の変化から異常を調べる定性試験が一般的。結果は「+(陽性)」「-(陰性)」で判定される。検査項目の成分が一定量以上あれば「陽性」、検出されなければ「陰性」だ。陽性では含まれる量が多いほど+の数も増え、「+、2+(++)、3+(+++)」などで示される。

尿中に糖が出るのは、糖尿病の診断基準を超えてから

家庭でも手軽に尿糖の検査を行える試験紙が販売されている。(写真提供:テルモ)

 「糖尿病」という病名から、「尿糖検査が陽性なら糖尿病かもしれないけど、陰性なら心配ないだろう」と考える人がいるかもしれない。しかし、尿検査に詳しい順天堂大学名誉教授の富野康日己氏は、「尿糖検査は従来は糖尿病のふるい分け検査として使われていましたが、その結果が陰性であっても、糖尿病の心配がないわけではありません。最近では、血液検査における空腹時血糖やヘモグロビンA1cといった糖代謝の結果のほうが優先され、その値に異常があれば糖尿病が疑われます」と指摘する。

 特に50代以上の人は尿糖検査の結果が陰性なら糖尿病ではないと早とちりしてしまう傾向が強いそうなので、糖代謝の結果もしっかり確認するよう注意したほうが良いだろう。

 糖尿病は、糖代謝がうまくいかず、血液中の糖が慢性的に多くなる病気だ。血液中のブドウ糖の量は食事によって変動するが、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンの働きによって、一定範囲内に保たれるようになっている。ところが、このインスリンの分泌量が少なかったり、分泌はされていても作用が不十分だったりすると、血液中のブドウ糖の量が多くなる。

 血液検査で空腹時血糖が126mg/dL以上かつヘモグロビンA1cが6.5%以上あれば糖尿病と診断される。ところが、「この値を超えても、尿糖検査はすぐに陽性にはなりません。一般に、血糖値が160~170mg/dLあたりを超えると、尿にもブドウ糖が漏れ出し、陽性となります」(富野氏)。

 つまり、尿糖が陰性でも、空腹時血糖やヘモグロビンA1cの値に異常があれば、糖尿病が進行している可能性もあるといえる。血液検査で高血糖を指摘されていたら、尿糖検査に異常がなくても要注意ということだ。

コメント1

「知ってビックリ! 健康診断のウソ・ホント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長