• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

休肝日を設ければ中性脂肪値は下がる?

  • 田村 知子

バックナンバー

2016年10月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

会社勤めを続けている限り、避けては通れない職場の健康診断。自覚症状のない病気を見つけてくれるのは有難いが、仕事に追われるなかで再検査を受けるのはできれば避けたいのが人情。異常値を指摘されたとしても、どこまで生活を見直せばよいのか、今ひとつ釈然としない人も多いだろう。このコラムでは、各種検査への臨み方や結果の見方、検査後の対応など、誤解交じりで語られやすい職場健診についてわかりやすく解説する。

Q  休肝日を設ければ中性脂肪値は下がる?

A  いいえ。休肝日を設定しても、アルコールの総摂取量が減らなければ、中性脂肪値の改善は期待できない。

 職場健診の脂質代謝検査の項目では、中性脂肪値よりもコレステロール値の方を気にする人が多いかもしれない。しかし、生活習慣病の予防・治療を専門とする岡部クリニックの岡部正氏は、「中性脂肪もコレステロールを介して間接的に動脈硬化を促進しますので、同様に注意が必要です」と指摘する。

 「中性脂肪が増えると、血液中の余分なコレステロールを回収して動脈硬化を予防する働きを持つHDL(善玉)コレステロールが減ることが分かっています。さらに、中性脂肪が多いと、『スモールデンスLDLコレステロール』が増えるともいわれています。スモールデンスLDLは、LDLコレステロールよりも粒子が小さく、血管内により多く入り込み、また酸化されやすい性質があります。LDL が悪玉なら、スモールデンスLDLは“超悪玉”と呼べるものです」

 また、中性脂肪は体のエネルギー源となるものだが、使い切れずに余ると脂肪組織に蓄えられて、皮下脂肪や内臓脂肪となる。中性脂肪の増えすぎは、肥満にもつながるのだ。

中性脂肪値が高ければアルコールと糖質を控える

アルコールは肝臓で中性脂肪の合成を促進する。(©Olexandr Kovernik-123RF)

 岡部氏によれば「職場健診で『中性脂肪値が高い』と指摘される人の多くは、食生活を変えるだけでも改善が見られます」という。「特に控えたいのが、肝臓で中性脂肪の合成を促進するアルコールと糖質(糖分)です。ご飯のほか、パンやパスタ、ラーメン、うどんといった小麦粉を主原料とした炭水化物も、体内で消化されると糖質として吸収されるので、食べ過ぎには注意が必要です」。

 質問者のように、中性脂肪値を下げるためには、アルコールを飲まない休肝日を設ければよいだろうと考える人は多いが、「休肝日を設けても、普段の日に飲み過ぎていれば意味はありません。また、ビールはアルコール度数が低いからといって、量をたくさん飲めば同じことです。肝心なのは、アルコールの総摂取量を減らすこと。休肝日を設けるなら、普段の日のアルコールの適量の目安も守るように心がけてください」(岡部氏)。

コメント0

「知ってビックリ! 健康診断のウソ・ホント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック