眠る時間が不規則、技アリの二度寝で疲労解消

新聞記者と工場交代勤務者の眠りの質を高めた方法とは?

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

 前回の記事に続き、企業の依頼を受けて「睡眠マネジメント研修」を行うユークロニア社長の菅原洋平さんが編み出した睡眠改善法「菅原メソッド」を紹介していく。今回は実践編の第2弾として、起床時刻が不規則なビジネスパーソンが陥りがちな睡眠の乱れの解消法をお伝えしよう。

[画像タップで拡大表示]

 毎日の生活サイクルが不規則なため、どうしても睡眠の質が悪くなりやすい職種として、今回は新聞記者と工場の交代勤務者を取り上げたい。新聞記者はいつ発生するか分からない緊急のニュースに対応するために、工場勤務者は3交代制などのシフトに対応するために、それぞれ眠る時間帯が不規則になっていた。こうした生活によって満足する睡眠が取れなかった彼らに、菅原さんが与えたアドバイスとは?

バックナンバー

著者プロフィール

伊藤 和弘

伊藤 和弘

ライター

フリーライター。1967年生まれ。新潟大学法学部卒業。医療・健康分野、文芸・マンガ関係の記事を中心に執筆。著書に『少年マガジン伝説』(電子書籍)がある。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューを投稿する読者レビュー

この記事は参考になりましたか?

この記事をお薦めしますか?

レビューを送信

コメントを書く コメント0件

コメント入力フォームへ