ケーススタディ

ネットと対面で健康を指南するサービス、ウエルネスデータがスマートウオッチとセットで提供

2017.05.12市嶋 洋平

通信・情報 企画・開発 製品・サービス向上 健康・医療 センサー

スマートフォンアプリを活用した健康支援サービスのウエルネスデータ(東京都千代田区)は、行動データに基づいて管理栄養士やトレーナーなどがアドバイスする有料サービスを始める。スマートウオッチを貸与し、屋外などでの行動データをより詳細に取得してアドバイスの精度を上げる。社員などに向けた法人需要を開拓し、3年後に5万人の有料サービス契約を目指す。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

11月号特集

10万人目指す企業AI人材

データ活用人材を呼び込み、ビジネスに生かす仕組み作りに挑む

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ