ケーススタディ

無料Wi-Fiスポット約4000カ所・2000万件のログを分析、朝10時に大阪・天神橋で100人の行列の訳

2017.06.21杉本 昭彦

公共 販売・マーケティング 売り上げ増 位置

大阪観光局はインバウンド消費の拡大を目指し、マーケティングの強化を進めている。まずは現状把握を進めるため、昨年度に大阪の無料Wi-Fiスポット約4000カ所の3カ月間の約2000万件の利用ログを用いて訪日外国人の行動分析を実施した。今年度は具体的な集客、消費促進の施策を実施し、効果測定にこうしたビッグデータを活用していく。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事