ケーススタディ

ユニ・チャームが商品開発に脳波データを活用 生理用品の装着ストレスを検証

2016.07.06多田 和市

食品・日用品 企画・開発 製品・サービス向上 センサー

国内生理用品やおむつ市場でシェアトップを快走するユニ・チャーム。生理用品のつけ心地を、感性データによって定量化して検証した。品質への強いこだわりが商品力につながっている。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

4月号特集

クルマデータは異業種こそ商機

人口統計、気象、道路、バイタル…、データのかけ算が価値を生む

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ