ケーススタディ

電通、深層学習技術で視聴率を高精度に予測 予測業務の半減を目指す

2017.09.08多田 和市

サービス 運用・サポート 業務最適化 その他行動ログ

電通は、深層学習(ディープラーニング)技術を活用したテレビ視聴率予測システム「SHAREST(β版)」を開発。今年12月までに実証実験を終了して、来年から本格運用に入る。テレビ視聴率の安定的な予測を自動で実現して、予測業務の半減と、最終的に広告効果の向上を目指す。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

11月号特集

10万人目指す企業AI人材

データ活用人材を呼び込み、ビジネスに生かす仕組み作りに挑む

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ