ケーススタディ

深層学習でオペレーターの音声をテキスト化 損保ジャパン日本興亜、対応記録時間15%削減

2017.09.14多田 和市

金融・保険 運用・サポート コスト削減 製品・サービス向上 その他行動ログ

損害保険ジャパン日本興亜は、人工知能(AI)を活用した音声認識システムを導入して、全国に約300カ所ある保険金センター拠点の品質向上と業務効率化に乗り出す。実証実験では、対応内容の記録を残す業務を約15%短縮できた。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

8月号特集

「眼」が拓く深層学習ビジネス

保険見積もりを10分で作成、物流センター省人化、ロボットで顧客分析…

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ