ケーススタディ

東芝が深層学習でビル設備の異常検知、専門知識がなくても場所の特定まで可能に

2017.12.06市嶋 洋平

電機・機械 通信・情報 運用・サポート 企画・開発 業務最適化 センサー 気象

東芝デジタルソリューションズはディープラーニング(深層学習)を活用し、大規模ビルの設備異常の検知の実証に今年6月まで取り組んだ。約3万5000のセンサーや機器の定常状態を学習し、何らかの問題が発生している、もしくは発生する可能性を察知することを目指している。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

12月号特集

データがつくる新“爆買い”

成長市場のインバウンドに照準を合わせる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ