データ市場

Agoopが人流データとGISサービスを連携、賑わい比較や売上高との相関分析が容易に

2017.12.07市嶋 洋平

ソフトバンクグループで、位置情報を活用したビッグデータを提供するAgoop(東京都港区)は、人の動きを把握できる流動人口データを、GIS(地理情報システム)上でサービスとして利用できるようにした。店舗情報などの施設ポイントデータと掛け合わせて、時間帯別の場所の賑わいを分析し、より詳しい商圏分析が可能となる。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

12月号特集

データがつくる新“爆買い”

成長市場のインバウンドに照準を合わせる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ