ソリューション速報

3万人の移動情報を集めるレイ・フロンティア、他社アプリへのSDK提供で10万人規模を目指す

2017.05.19杉本 昭彦

人工知能(AI)を使った行動データの分析事業を手掛けるレイ・フロンティア(東京都台東区)は、個人の位置情報の収集、分析を強化している。スマートフォン用アプリを通じて集める位置データは、サービス開始から2年半弱で日々3万人に達した。今後は、位置情報取得機能を他社アプリへ積極的に提供していき、10万人規模への拡大を一つの目標とする。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

11月号特集

10万人目指す企業AI人材

データ活用人材を呼び込み、ビジネスに生かす仕組み作りに挑む

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ