ソリューション速報

JALがSPSSの機能を独自に開発 相関行列、PLSAなど16のデータ分析を追加

2017.09.29市嶋 洋平

日本航空(JAL)は日本IBMのデータ分析ツール「SPSS Modeler」の機能を独自に拡張し、新たなデータ分析やデータの操作や可視化を実現した。「相関行列」や「PLSA(確率的潜在意味解析法)」、「エラスティックネット」など、同社のビジネスにおける活用に必要な分析関連機能を16個開発した。今年7月のイベントで公表しており、需要があれば、外部への提供も検討する。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

3月号特集

オンリーワンデータで成長戦略を描く

現場に出向けば、価値あるデータを創出できる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ

日経ビッグデータのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経ビッグデータ」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。データ活用やAI関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。