業界動向

4.8万人の不足が見込まれる先端IT人材、AIベンチャーはインドやインドネシアに進出し確保へ

2017.05.30杉本 昭彦

人工知能(AI)技術者不足の解消へ、AIベンチャーが相次ぎ海外に進出している。ビジネスと技術の両面に強みを持つエクサインテリジェンス(東京都文京区)はインドで、インフラ産業でのAI活用を得意とするグリッド(東京都港区)はインドネシアで現地の大学と組む。2020年に約4万8000人不足するとされるビッグデータ、IoT、AI分野の「先端IT人材」の確保に結びつくか注目される。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

8月号特集

「眼」が拓く深層学習ビジネス

保険見積もりを10分で作成、物流センター省人化、ロボットで顧客分析…

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ