キーパーソン

AIは特定分野の強みがないと生き残れない、ディープラーニングで医療・介護、製造、HRを攻めるーーエクサウィザーズ新社長・石山洸氏

2017.10.12市嶋 洋平

リクルートホールディングスのAI研究所を立ち上げた石山洸氏が人工知能(AI)による介護に取り組むベンチャー、デジタルセンセーションに転じたのは今春。それもつかの間、AIスタートアップのエクサインテリジェンスとの経営統合を発表し、10月1日付で新会社エクサウィザーズの代表取締役社長に就任した。AIベンチャーとスタートアップの経営統合の狙いはどこにあるのか、日本は米中のAI企業に勝ち目はあるのか聞いた。

石山 洸 |Ko ISHIYAMA
エクサウィザーズ代表取締役社長。東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員。2004年中央大学商学部卒業、06年東京工業大学大学院知能システム科学専攻修了、リクルートに入社。15年2月にRecruit Institute of TechnologyをAI研究機関に刷新。17年2月に退社し、同年3月にデジタルセンセーション取締役。同年10月1日に現職

 なぜ、エクサインテリジェンスとの経営統合に至ったのか。

 エクサインテリジェンスの会長兼社長だった春田真さんと知り合ったのは昨年の12月。意外と時間がたっていないが、互いに共感し合い今回の統合に至った。その時、2017年に入ったらリクルートをやめて、デジタルセンセーションに参加して介護分野のAIに取り組むことなどを話していた。

 それがきっかけで「介護×AI」に魅力を感じてもらい、その後春田さんがCEOを務める投資会社ベータカタリストからデジタルセンセーションに出資をしてもらった。

リソースを得て事業の拡大にアクセルを踏む

 デジタルセンセーションにとっては、ビジネスの規模が大きくなっていくと、自治体や大手の介護施設などとの連携が増え、こうしたリソースがまかなえなくなる可能性があった。

 と言うのも、介護分野の映像や行動データをディープラーニングで解析するのが至上命題であり、多くの高度な人材が必要だ。実際、それを整えるのには時間がかかりそうだった。デジタルセンセーションはもともと静岡大学発のベンチャーであり、事業開発や営業、コーポレートのスタッフといったビジネスを拡大するのに必要不可欠な人材も足りていないのが実情だ。デジタルセンセーションが取り組んでいたフランス発の介護の手法「ユマニチュード」を普及させるインストラクターの数も増やしていかないといけない。

 一方でエクサインテリジェンスには多くのディープラーニングのエンジニアがいる。両者が一緒になれば、介護をはじめとして様々な分野でディープラーニングを一気に活用できるのではないかと意見が一致した。40人のメンバーのうち半数がAIなどのエンジニアだが、残りの半分が事業開発や営業、コーポレートのスタッフであることもビジネスを拡大するうえで魅力だった。

 エクサウィザーズはどのようなAI企業を目指してくのか。

 もともとエクサインテリジェンスは医療と製造業に強みを持つ会社で、そこにデジタルセンセーションの介護が加わって、両者で相乗効果を出していく考えだ。スタートアップはAIであっても、バーティカルな分野で勝ち抜いていく強みを持っていないと持続的に成長していけないだろう。それがデジタルセンセーションの介護だった。つまり両社の合併によって超高齢化社会の課題をAIで解いていく集団となったわけだ。

 AIの分野では顧客からデータを受け取ってそれを分析して納入するというビジネスが一般的かもしれないが、今後は「AI as a Service」のようにクラウド型で、AIや分析のサービスを提供したり、他のITサービスと連携させたりといったことが必要になってくる。エクサウィザーズはそうした分野にも強みを持っており注力していく。

印刷

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

12月号特集

データがつくる新“爆買い”

成長市場のインバウンドに照準を合わせる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ