日経ビッグデータラボから

イベント「D3 WEEK 2016」注目のプログラム

IoTの「死の谷」を越える~「データ活用」の神髄まで

2016.07.05

イベント「D3 WEEK 2016」の多数のセッションの中から、日経ビッグデータ読者の方へお薦めの講演、パネルディスカッションを選りすぐってご紹介します。

 最新のデジタルメディアや新たに入手したビッグデータを分析、活用すれば、企業の課題は解決し、イノベーションは起こせるのか──。

 皆さま、「それは違う」と答えるでしょう。

 ではどうすればよいのか。その解を探るために、「日経デジタルマーケティング」「日経ビッグデータ」「日経デザイン」の専門媒体3誌は新イベント「D3 WEEK 2016」を企画しました。

 新たな顧客体験やビジネスモデルを描き、ビッグデータやデジタルメディアを手段として活用して、3年後、5年後の新事業をつくっていく。

 これが本イベントを通じて、我々が提言したいことの一つです。

 本イベントは7月25日(オープニングパーティのみ)~29日にかけて開催しますが、早期割引の申し込みが7月12日に迫ってきました。

 そこで本記事では、多数のセッションの中から「日経ビッグデータ」読者の方へお薦めの講演、パネルディスカッションを選りすぐってご紹介します。

IoTの「死の谷」を越えるための最新事例


※日経ビッグデータ7月号特集「IoTの『死の谷』を越えろ」もご覧ください。

●27日 13:00~13:45
「IoT時代のデータを軸としたビジネスイノベーションを探る(仮)」
経済産業省IoT推進ラボが企画する本セッションは、先進企業を交えて、今後のIoT活用の潮流を探ります。

●27日 14:00~15:30
「IoTビジネスで成功する条件」
IoT分野の研究で第一人者の東京大学の森川博之教授が、注目するIoTベンチャーの経営者らとビジネスで成功する条件を議論します。

●27日 16:00~16:45
「Creating The World’s Best Digital Industrial -ITを駆使した新たな製造業を目指して」
米ゼネラル・エレクトリックがIoT活用で目指す、新たな製造業の姿について
講演します。

●27日 17:00~17:45
「IoT×AI時代の鉄道メンテナンス革新」
JR東日本によるメンテナンスへのIoTやAIの活用を、研究開発センター所長が語ります。

●27日 12:00-15:00
「カーシェアリングで学ぶイノベーションの兵法」~営業利益10億円超のタイムズのカーシェア責任者も登壇~(エキスパートコース)
「タイムズカープラス」を事例に関西学院大学の玉田俊平太先生が、イノベーションの起こし方を講義します。

「イノベーティブ」な事業を興すヒントがほしい

●26日 09:30-10:15
「デジタル×データ×デザインの未来」
デジタルマーケティング、ビッグデータ、デザインの3分野の専門家が、それぞれの知見を生かして、「デジタル×データ×デザインの未来」が実現する未来を探ります。

●26日 14:00-14:45
「体験、データ、その可能性」
「モノ」よりも「体験」が重要になってきている時代の中、テクノロジーやデータの力も生かして、企業はどのように新たな「体験をデザイン」していくとよいのか、ロフトワーク代表の林千晶氏、予防医学研究者の石川善樹氏らが議論します。

●27日 9:30-10:15
「データで稼ぐシェアリングサービスの事業モデルとは~ガリバーの新事業を統計家の西内啓が徹底解剖~」
ガリバーインターナショナルが今夏に始める新シェアリングサービスの事業モデルを、ベストセラー『統計学が最強の学問である』著者の西内啓氏が解き明かします。

●27日 16:00-17:30
「2030年を作るメディア・テクノロジー・ビジネス」
2030年、我々はどのようなビジネスを行っているのだろうか、日本テレビ、ドワンゴ、トヨタIT開発センターなどイノベーションの最前線で闘う登壇者たちに問います。

「FinTech」の最新事情を知りたい

●27日13:00-13:45
「金融機関が進めるオープンイノベーション事例」
三菱東京UFJ銀行のデジタルイノベーション推進部の藤井氏が、同社のFinTech領域におけるオープンイノベーションを語ります。

●27日14:00-14:45
『ブロックチェーンの衝撃』出版記念対談「ブロックチェーンが産業へ及ぼすインパクト」
社会の基本的な構造を大きく変える潜在力を持つブロックチェーンを、経済学者の野口悠紀雄氏など、話題の書籍『ブロックチェーンの衝撃』の著者陣が解説します。

「データ分析」「データ活用」の神髄を学ぶ

●26日 13:00-13:45
「RESAS Ptototype - 経済ビッグデータの可視化とその可能性」
地域経済分析システム(RESAS)のプロトタイプを開発したtakram design engineeringの櫻井稔氏が経済ビッグデータの可視化を語ります。

●26日 16:00-16:45
「データビジュアライゼーション」の極意
電通、博報堂DYでしのぎを削るデータサイエンティストに、 「データビジュアライゼーションの極意」を、2016年のカンヌライオンズの「クリエイティブデータ」部門の受賞候補者リストに入ったZaimの閑歳孝子社長が切り込みます。

●26日 17:00-17:45
「事例とフレームワークから学ぶデータの収益化」(仮)
データが持つ価値をいかに収益につなげるか、4億件のオーディエンスデータを保有するインティメート・マージャーの先進事例と、野村総研の鈴木良介氏によるデータ活用フレームワーク「DIVA」から学びます。

●26日 15:30-18:30
「予測型戦略を知るための機械学習チュートリアル」(エキスパートコース)
国内トップクラスの人工知能の専業企業であるPreferred Networksの知的情報処理事業部事業部長の海野裕也氏が、機械学習の全貌を解説します。

●27日 15:30-18:30
「センサーデータ分析の最先端~People Analyticsで仕事の生産性を上げる」
(エキスパートコース)
人に付けたセンサーから集まるデータを分析して生産性の向上に結びつける、最先端のデータ活用「People Analytics」を、同分野の専業である米ヒューマナイズのベン・ウェイバーCEOから学びます(講義は日本語です)。

※エキスパートコースは、専門的な内容を3時間にわたりじっくり学ぶ特別講義です(別料金)。

印刷

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

12月号特集

データがつくる新“爆買い”

成長市場のインバウンドに照準を合わせる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ