カンパネラTOPICS

NYの女性に大人気のウイスキーカクテル 日本食材の料理と合わせて銀座から新たな文化を発信

文:カンパネラ編集部 / 写真:菊池 くらげ 11.29.2017

世界五大ウイスキーの中でも日本人にとって馴染み深いのがアメリカンウイスキー。日本でもっとも飲まれているウイスキーが米国テネシー州生まれの「ジャックダニエル」だ。ハイクオリティの商業施設や大規模オフィス、文化・交流施設からなる銀座エリア最大級の複合施設「GINZA SIX」13階のTHE GRAND GINZAでは、ジャックダニエルをベースにしたウイスキーカクテルを楽しめるイベント「JACK DANIEL’S WHISKEY EXPERIENCE “進化するクラフトカクテル”」が2018年1月31日まで開かれている。

左からジャックダニエルの「ジェントルマンジャック」「シナトラセレクト」「ゴールド」「シングルバレル」「ブラックラベル」
ジャックダニエルをベースにしたカクテルは女性に人気

日が落ちるころ、レストラン&カフェのある13階へ。レストラン・カフェ・バーを併設する「THE GRAND GINZA」に入ると、大きなガラス窓の向こう側には銀座の街の明かりがきらめく。THE GRAND GINZAを運営するバリューマネジメントのTHE GRAND GINZAディレクター、フクヤマトシキ氏は、そのコンセプトについてこう話す。

「流行の最先端をいく銀座から、第六感をも刺激する食を中心とした文化の発信をしていくのがここの役目。フレンチレストランでは全国47都道府県のトップ・オブ・トップの食材を期間ごとに紹介し、ジャックダニエルのコーナーがあるカフェラウンジでは、お客様に気軽においでいただき、イベントに合わせたメニューを日本の食材を使って提供しています」

アメリカンウイスキーベースのカクテルになった瞬間、女性らしさが醸しだされる

カフェラウンジで提供されているのがジャックダニエルをベースにしたウイスキーカクテル。米国ニューヨークでは女性の間でアメリカンウイスキーベースのカクテルが大人気だといい、その最新トレンドを銀座から女性をターゲットにして発信しようという試みだ。

「バーボンなどのアメリカンウイスキーといえば、いぶし銀のようなイメージでオヤジっぽいかもしれません。でも、アメリカンウイスキーベースのカクテルとなった瞬間、ファッション性が高まり、女性らしくなる。カクテルにすることでジャックダニエルの幅の広さも紹介したいと考えました」とフクヤマさんは話す。

左手前から右回りに、オレンジ入りの“GENTLEMAN JACK OLD FASHIONED”(1800円)、シンプルな“GENTLEMAN JACK OLD FASHIONED”(1300円)、“GOLD MINT JULEP”(1800円)、そして“SINGLE BARREL MAPLE”(1500円)

カクテルは3種類。人気のウイスキーカクテル「ミントジュレップ」のベースに「ジャックダニエル ゴールド」を使用した“GOLD MINT JULEP”。世界中で人気のウイスキーカクテル「オールドファッションド」のレシピを、季節のフルーツを使ってアレンジした「ジャックダニエル ジェントルマンジャック」ベースの“GENTLEMAN JACK OLD FASHIONED”。そして、上品なメープルウオーターで割った「ジャックダニエル シングルバレル」ベースの“SINGLE BARREL MAPLE”。

グラスを傾けていた女性4人にそれぞれの印象をうかがうと……。

東京・銀座の複合施設「GINZA SIX」の13階にあるジャックダニエル・コーナー