フード&テクノロジー

おにぎりと発酵食のグローバル化めざす! パナソニックが拓く家電の新たな地平

パナソニック アプライアンス社「ゲームチェンジャー・カタパルト」が最新技術を活用して“日本の食文化”を輸出(前編)

文:高下 義弘 /人物写真:カンパネラ編集部 03.08.2018

おにぎりとお味噌。言わずと知れた日本の食文化の典型例である。このおにぎりとお味噌が、新技術の力を得て、海外で大きく羽ばたこうとしている。パナソニックが手がける新製品プロジェクトの「OniRobot(オニロボット)」と「Ferment(ファーメント)2.0」だ。なぜ日本の食文化なのか。技術をどう使うのか。パナソニック アプライアンス社の社内インキュベーション組織「Game Changer Catapult(ゲームチェンジャー・カタパルト)」の活動に触れながら、伝統ある国内メーカーが挑む新型プロジェクトの実像に迫る。(前編)

まずは開発中の製品を見ていこう。「OniRobot(オニロボット)」と「Ferment(ファーメント)2.0」である。いずれも、パナソニック アプライアンス社が推進している新しい製品プロジェクトだ。今後、改良と検証を進めながら、早期の商品化を目指す。

1つ目のOniRobotは、おにぎりの自動調理ロボット。お店など外食産業における導入を想定した、BtoB(Business to Business)の製品である。

ロボットそのものの特徴は、5方向から圧力をかける「3D形成ハンド」である。圧力フィードバック制御技術というものを採用しておにぎり職人が備える技を再現する。力加減を制御しながら5方向から圧力をかけることで、「外はしっかり、中はふんわり」といった具合に、両手で握ったような柔らかな食感に仕上げられるという。

炊飯器を長く手がけるパナソニックの社内には“米の専門家”が多数在籍しており、米の品種に応じた最適な炊き方や調理方法を研究している。ロボットにはこうした米の調理に関するノウハウが投入されているという。

購入客のUX(ユーザー体験)も充実させる。「ランチ難民」という言葉があるように、オフィス街ではランチの確保に必死のビジネスパーソンも少なくない。そこでOniRobotではスマートフォンアプリ上でおにぎりの注文・決済を手元で完結。あとは店舗で受け取れるという塩梅だ。

構想としては、顧客はスマートフォンアプリでおにぎりの具材を選択し、注文・決済まで手元で完了できるようにする。後は店舗で受け取るだけ。忙しいランチの時でも並ばずに済むという格好だ(提供:パナソニック)

おにぎりの楽しみといえば、豊富な具材から選ぶこと。アプリ上では具材を選択できるほか、利用客に合った具材を日替わりで提案する機能も搭載する予定という。

店舗の開業時を想定した設備一式のセットや、移動店舗向けのフードトラックも開発する計画である。事業者はロボットを含めた調理設備、そして情報システムを含めた必要な道具がそろった一式あるいはトラックを購入すれば、自動化と最適化が済んだ“最先端のおにぎり屋”をすぐに開店できるというわけだ。

OniRobotで想定している、店舗の開業時を想定した設備一式のセットや、移動店舗向けのフードトラックのイメージ画像。おにぎりを握るロボット自体は技術的にはすでに確立したもの。2018年3月に米国テキサス州で開催される総合フェスティバル「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」でデザインモックアップを展示する計画という(提供:パナソニック)