コラム名:おしながき

もう試した?ネットで話題の「サーモンのブラックペッパー漬け」が超絶おいしい!

Webサイト「アマノ食堂」からのお薦めレシピ紹介

bar

文:近藤 世菜 / 企画協力&イラスト:杏耶(あや)

12.22.2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単に作れて、でもおいしい。そんな理想のレシピが「サーモンのブラックペッパー漬け」。考案者のイラストレーター杏那さんに、その魅力的なレシピを教えていただきました。

簡単に作れるのにおいしすぎる!と話題の「サーモンのブラックペッパー漬け」をご存知ですか?このレシピを考案したのは、Twitterで大人気のイラストレーター杏耶さん。杏耶さんがTwitterでこのレシピを発信するやいなや、「おいしそう!」「試してみたい!」とたちまちネットで話題に。今回はそんな「サーモンのブラックペッパー漬け」をピックアップします。

ただご飯の上におかずを乗せる絵をコマに置いてるだけの壮大なマンガ(イラスト:杏耶)

作り方はとても簡単なのに、味は絶品!杏耶さんのイラストを見ているだけで、お腹が今にも鳴り出しそう!

1年中お目にかかれるサーモンですが、旬はやはり今の時季。脂がのったおいしいサーモンなら味も格別なはず。それでは早速、基本の「サーモンのブラックペッパー漬け」と、杏耶さんおすすめのアレンジ丼の作り方をご紹介します。

サーモンのブラックペッパー漬けの材料・作り方

【調理時間】
5~10分 (漬ける時間は2~3時間)

【材料】(2名分)
[サーモンのブラックペッパー漬け]
・サーモン(生食用)…100gほど
・大葉…5枚ほど
・ブラックペッパー…適量
・柚子胡椒…1cmほど
・めんつゆ(3倍濃縮)…サーモンがしっかり浸かるくらい

【作り方】

1.サーモンをひと口大に切る(力を入れすぎると身が崩れてしまうので、優しく包丁を引いて切りましょう)。
2.めんつゆに、柚子胡椒とブラックペッパーを加えて混ぜる。ブラックペッパーはピリッとした味のアクセントになるのでお好みの量をふりかけましょう。
3.大葉をみじん切りにし、2に加えて混ぜ合わせます。
4.できあがった漬けダレにサーモンを浸します。2~3時間漬け置きすれば、できあがり!

とっても簡単なのに、これだけでサーモンがごちそうに大変身!これだけでも驚くほど絶品ですが、今回はさらに杏耶さんイチ押しの“丼”にアレンジしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMPANELLAの最新記事を
SNSでお届けします

TOPICS

あなたにおすすめの記事

  • 第10話 カウンター・プロフェッサー

    02.23.2017

    第10話 カウンター・プロフェッサー

    「若い人たちがわからない」若手とのコミュニケーションに悩む大人世代は数多い。名スピーチライター・ひきたよしあきさんが贈る、コミュニケーションのヒントたち。今回はひきたさんが若かりし頃に出会った「酒場の教授」の話。(カンパネラ編集部)

    READ MORE »

  • 広島・あなたの酒場の定番は、「がんす」でがんす

    02.16.2017

    広島・あなたの酒場の定番は、「がんす」でがんす

    地方を呑み歩いていると、時として素敵な「あなたの酒場」と巡り合う。広島の立ち飲み風居酒屋「ドラ☆キチ」は、「がんす」という地元名物と、キャラクターの「がんす娘。」を最大限に活用。さらにはジモティーと観光客を巻き込む策で店を盛り上げている。

    READ MORE »

  • 手軽にリッチな気分に! お菓子とワインのマリアージュ

    10.15.2015

    手軽にリッチな気分に! お菓子とワインのマリアージュ

    「紅茶やコーヒーと合わせるのが定番」と思っていたお菓子が、実はワインとも相性がいいって知っていましたか? このマリアージュ、どうもブームにもなりつつあるようなのです。そこで今回は、プランタン銀座 フーズ営業部 スーパーバイザーの加園幸男さんと、ワインショップ・エノテカ プランタン銀座店 店長の佐野舞さんに取材。人気のスイーツとお手ごろ価格の家飲みワインの新たなマリアージュを紹介してもらいます。これからはハロウィーン、クリスマスと続く時期。取材スタッフも驚いた、手軽にリッチな気分が味わえる“目からウロコ”の好相性をぜひ、お試しあれ!

    READ MORE »

  • ジャケ買い推進派! 瀬川あずささんのおすすめワイン10選

    07.23.2015

    ジャケ買い推進派! 瀬川あずささんのおすすめワイン10選

    ワインは好きだけれど、自分で選ぶのはちょっと難しそう……。そんな方には「気に入ったエチケット(ラベル)で選ぶ」ジャケ買いがおすすめだ。今回は、家飲みが楽しくなるすてきなエチケットやボトルデザインのワインを、ワインエキスパートの瀬川あずささんにセレクトしてもらった。

    READ MORE »