日本カワイイ総研。

昇太師匠が語るカワイイ黄金時代、それが「昭和」

「昭和っぽい服とメガネで女性は3倍輝く」と昇太師匠が力説!

文/写真:日本カワイイ総研。取材班 07.21.2016

地方創成を応援するFMラジオ番組「日本カワイイ計画。」のパーソナリティ・篠原ともえさんとのコラボ連載。「笑点」新司会者である落語家の春風亭昇太師匠を迎え、「カワイイ・マーケティング」の可能性に迫る。今回はシンプルで古びない「昭和カワイイ」が備える魅力について。

篠原ともえさんがパーソナリティを勤めるFMラジオ番組「日本カワイイ計画。」(JFN系全国20局ネット※2016年7月現在)と連動するこの連載が「日本カワイイ総研。」である。番組に「笑点」の新司会者としても話題の落語家、春風亭昇太師匠を番組ゲストに迎え、「カワイイ・マーケティング」についてのトークが盛り上がっている。

前回昇太師匠が語ったのは「落語とカワイイの共通点」。落語もカワイイも、日本の伝統に長く息づくもので、日本人の心に根付いているもの。だからこそ未来に向けての可能性があるという話だった。

今回飛び出したキーワードは、「昭和」。

「ぼくは缶詰が好きなので、缶詰のいろんなラベルが気になるんだけど、カワイイといえば、昭和っぽいものに行き着きます。なんといっても、生まれが昭和34年ですから、昭和ど真ん中です」

そう語る昇太師匠の「昭和好き」は実に徹底している。

「自宅は、昭和のもので埋め尽くされています。音楽を聴くのも真空管のレコードプレーヤー。ラジオも真空管のラジオ。音が違うんですよね。テレビも数年前までは、チャンネルをガチャガチャ回すアナログの昭和のテレビだったんですけど、デジタル化されて見られなくなりました。それがものすごく残念で(笑)」

昭和という時代、特に戦後の高度経済成長期から1980年代後半にかけては、敗戦の痛手から立ち直り、世界第2の経済大国としての繁栄を享受した時代。単に経済力があっただけではなく、映画や演劇、文学、アート、デザインなど、文化の分野でも世界に独自の存在感を示し、高く評価された時代だった。

技術とデザインの融合という意味では、好きな時に好きな音楽を聴けるソニー製の「ウォークマン」は、まさに世界を変えた商品だった。手のひらサイズのオーディオ家電は、いま振り返ると、かなりカワイイ。

「昭和は、カワイイの黄金時代と言えるかもしれませんね」と昇太師匠は語る。

家飲み酒とも日記