「ふるさと納税」で贅沢な酒の肴をゲット!

鳥取県境港市/高級魚のどぐろの産地直送一夜干し! ビール、日本酒と相性は抜群

文:福島 由恵 11.27.2017

お酒によく合うふるさと納税返礼品をご紹介するこのコラム、今回は鳥取県境港市の日本海産高級のどぐろ一夜干しセット。白身魚の上品さに加え、口の中でとろけるように甘みが広がるトロのような贅沢な食感。特に一夜干しはキレのいいビールや日本酒との相性が抜群です。

返礼品名:日本海産高級のどぐろ一夜干しセット
寄附金額:1万円以上
申し込み番号:027

◆「今すぐできる『ふるさと納税』 5分で知る2つのポイント」はこちら

白身魚の上品さに加え、口の中でとろけるように甘みが広がるトロのような贅沢な食感も持ち合わせた「白身のトロ」こと「のどぐろ」。外見はご覧の通り赤いのですが、口を広げると喉の周囲はなぜかまっ黒。のどぐろという名称は少々変わったこの見てくれからついたものですが、正式名には「アカムツ」という北陸・山陰地方特産の高級魚です。

写真は鳥取県境港市のふるさと納税の返礼品として提供される「のどくろ一夜干しセット」。特に山陰沖では、夏以降には脂の乗りが良いと言われる中型・大型ののどぐろが多く水揚げされ、秋から冬にかけてが最もおいしく食べられる時期とされています。

刺身はもちろん、焼いてよし、煮てよし、唐揚げにしてもよしという魚ですが、なかでも左党にはたまらないのが一夜干し。一夜干しは、もともとは薄味ベースの魚の身を塩で味つけして数時間寝かせることにより、身が引き締まって魚のうまみがさらに引き立ちます。キレのいいビールや日本酒との相性は抜群です。

冷凍の状態で届くので、常温に戻し、後は簡単に火を通すだけ。ほどよく脂が抜けた状態で、ほのかな甘みととろけるような脂のうまみが楽しめます。

焼く時のコツは、むやみにひっくり返さずにじっくりと待つこと。のどぐろは皮が薄い魚なので、網に皮がくっつかないようケアするのが大事です。焼き網は汚れを落とした奇麗な状態で準備し、焼く前に十分に熱を加えておくといいでしょう。

■申し込み方法
ウェブサイト:http://sakaiminato.tax-furusato.jp/
クレジットカード決済可
電話で資料請求の後、クレジットカード、銀行振込、ゆうちょ銀行振替のいずれかで寄附金を納入。

■申し込み・問い合わせ先
境港市役所 地域振興課
〒684-8501
鳥取県境港市上道町3000番地
TEL:0859-47-1067
FAX:0859-47-1205

福島由恵(ふくしま・よしえ)
ライター
証券会社に勤務の後、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しフリーランスに。投資・マネー・税金・ライフプラン関連&生活のお役立ち情報などを中心に雑誌や新聞、WEBで執筆。