「ふるさと納税」で贅沢な酒の肴をゲット!

三重県松阪市/トスカーナワインに合わせたい至高のローストビーフ

文:福島 由恵 12.06.2017

お酒によく合うふるさと納税返礼品をご紹介するこのコラム、今回は三重県松阪市の返礼品「松阪牛完熟手焼きローストビーフ 300g(ブロック)」。「肉の芸術品」の異名を持つ日本三大和牛の一つ、松阪牛(まつさかうし)を使ったローストビーフは、本場の英国でも味わえない至高のおいしさです!

返礼品名:松阪牛 完熟手焼きローストビーフ300g ブロック
寄附金額:3万円以上
申し込み番号:3-10

◆「今すぐできる『ふるさと納税』 5分で知る2つのポイント」はこちら

牛肉をオーブンなどで蒸し焼きにしたローストビーフは、英国の代表的な伝統料理。かつての英国貴族には、毎週日曜日の午餐(ごさん)にローストビーフとヨークシャープディングの通称「サンデーロースト」を食べる習慣があったそうです。

日本でも近年、ローストビーフはクリスマスや新年、誕生日など特別な日を祝う食卓の主役として人気を集めています。とりわけ、「肉の芸術品」の異名を持つ日本三大和牛の一つ、松阪牛(まつさかうし)を使ったローストビーフは、本場の英国でも味わえない至高のおいしさ! なんとこれが、ふるさと納税の返礼品としていただけるのです。

松阪牛のお膝元といえば、三重県松阪市。同市ではふるさと納税の返礼品として松阪牛が人気で、しぐれ煮やハンバーグ、焼き肉用肉、すき焼き用肉などいろいろラインアップしていますが、なかでも手作りパスタソースのテイクアウト専門店(パスタソースキッチン)が作るこのローストビーフは、本場の風味を存分に堪能できると大好評の逸品なのです。

パスタソースキッチンでは、塩とハーブで熟成させた松阪牛の表面を十分に焼き上げた後、オーブンで低温ローストにします。時間をかけて焼き上げることで、肉のうまみが引き出され、しっとりと軟らかいジューシーなローストビーフに仕上がるというわけです。

口に入れるだけで思わずリッチな気分になってしまう松阪牛のローストビーフ。そのまま食べても十分おいしいのですが、さらに味を引き立てるのが、同送される自家製タマネギソースとオリーブオイルソース。こちらはイタリアで修業を重ねた料理人による人気商品で、味の変化が楽しめます。

高級感あふれる松阪牛のローストビーフを召し上がる時は、とっておきの赤ワインの栓を抜きたいところです。ソースと合わせるなら、年代物のトスカーナワインがオススメ。

夜食用にチャパタなどのイタリアパンでサンドイッチにするのもいいでしょう。こちらはライトテイストのビールが合います。

■申し込み方法
寄附申込書(松阪市のウェブサイトからダウンロード可)に記入のうえ、郵便、ファクス、または電子メールで送付。銀行振込、ゆうちょ銀行振替、現金書留などで寄附金を納入。

■申し込み・問い合わせ先
松阪市役所 地域ブランド課
〒515-8515
三重県松阪市殿町1340番地1
TEL 0598-53-4129
FAX 0598-22-0931

福島由恵(ふくしま・よしえ)
ライター
証券会社に勤務の後、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しフリーランスに。投資・マネー・税金・ライフプラン関連&生活のお役立ち情報などを中心に雑誌や新聞、WEBで執筆。