トップページ国内企業インサイド

200社超が参戦した"グルーポン型"共同購入クーポンビジネス、今は1ケタ
あの「ネットサービス」は今(前編)

印刷する
  • 2018年2月21日 水曜日
  • 小林 直樹

 最近も「Zipper」や「BIG tomorrow」が休刊するなど、雑誌メディアには厳しい状況が続いている。一時代を築いた有名雑誌の休刊が報じられると、「あの頃は毎号読んでた」「そういえば最近は読んでいなかった」といった感想ツイートが飛び交い、「ネットに取って代わられた」という“分析”で締めくくられる。多くの場合、その通りであろう。では飛ぶ鳥を落とす勢いのネットオリエンテッドなサービス群は、果たしてかつての人気雑誌のように長く人気を保っているのだろうか。その実相に迫るのが本特集の狙いである。

 現在、国内で最も利用者が多く盤石の人気を誇っているサービスは何か?Yahoo! JAPANか、YouTubeか、ユーザー数の多さと利用頻度の高さからするとやはりLINEだろう。

 国内のアクティブユーザー数は推定7100万人を超え、日本の人口の56%を占める。スマートフォンユーザーの大半はLINEユーザーだ。アクティブユーザーのうち毎日利用率は84%に上る。

 そんなLINEでも、死角はなくはない。下の表は最近、LINE公式アカウントの運用を終了した企業・ブランドの一覧である。公式アカウントの離脱と参入は常に起きていることではあるが、2017年暮れから2018年2月にかけては有名・有力企業のアカウント終了が目立つ。

最近終了した主なLINE公式アカウント
[画像のクリックで拡大表示]

 注目は日本マクドナルドだろう。同社がLINE公式アカウントを開設したのは2013年6月。ユニクロと同日だった。LINEが企業向け公式アカウントを開設したのは前年6月なので、1年が経過してからの参入だが、それでも古参の部類に入る。2017年は、マック対マクドの対決企画や、ヘーホンホヘホハイ(ベーコンポテトパイ)の案内、グラコロセットのクーポンなどキャンペーン情報のほか、店頭で画面を見せるだけで割引されるクーポンを配信していた。

 マクドナルドがLINEからの離脱を決めた背景には、SNSに対する独自の選別基準がある。それは拡散性だ。ゆえに、拡散性で優位に立つTwitterを最も活用している。FacebookページとInstagramアカウントも開設はしているものの、Instagramは直近の投稿が森永ミルクキャラメルのマックフルーリーを期間限定で発売した2017年5月で、長らく放置状態だ(2018年2月14日時点)。Facebookページも週1~2回の投稿で、CSR(企業の社会的責任)活動の紹介が目立つ。

 一方のLINEは、公式アカウントの開設、維持にかかるコストが高額なため、費用対効果は意識せざるを得ない。マクドナルドは1000万人超の友だち数を持っていたが、ブロックしているユーザーもおり、また公式アカウントが少なかった開設当初に比べると、どうしても配信に対する反応率は落ちてくる。数の上では5分の1規模でも220万人超のフォロワーがいるTwitterアカウントは、リツイートの伝播を考慮するとリーチが取りやすい。拡散しやすい投稿スタイルを習得してTwitter巧者になるほど、LINEの費用対効果が問題として浮上することになる。

 ほかにも、オートバイ買い取りのバイク王が2017年8月、大学受験予備校の東進が同年9月に、LINE公式からLINE@へとアカウントを移行した。費用対効果をにらみながら各社が動き始めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。