トップページ国内企業インサイド

ダイキンのクリックさせない広告、データでクリエイティブを出し分け

印刷する
  • 2017年5月17日 水曜日
  • 中村 勇介

その日の気温や湿度によって36通りの広告クリエイティブを出し分ける。そんな施策に取り組んだのが空調機器メーカーのダイキン工業だ。「広告もパーソナライズ化が進む中、データと連携してタイミングや接触態度に合わせた広告クリエイティブを配信することに大きな可能性を感じていた」。ダイキン総務部の片山義丈広告宣伝グループ長は今回の取り組みの背景をこう説明する。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み