トップページ国内企業インサイド

究極のユーザー体験を目指すパナソニックのIoTライフへの取り組みとは
D3 WEEK 2017プレセミナー「AI×IoT×デザインで変わる未来を見通す」報告(3)

印刷する
  • 2017年6月14日 水曜日
  • ライター 中村 仁美

日経デジタルマーケティングは5月29日、東京・大崎の大崎ブライトコアホールで、「D3 WEEK 2017プレセミナー『AI×IoT×デザインで変わる未来を見通す』」を開催した。D3とは「Digital×Data×Design」を意味する。デジタル・トランスフォーメーション時代には、この3つのDが企業の成功のカギを握る。今回はその講演の模様を3回にわたってレポートする。プレセミナーの最後の講演に登壇したのは、パナソニック全社CTO室技術戦略部ソフトウェア戦略担当 理事という肩書きを持つ梶本一夫氏。「Panasonicが取り組むIoTライフ」という講演タイトル通り、パナソニックが今取り組んでいるIoT(インターネット・オブ・シングス)戦略を詳細に紹介した。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み