トップページ国内企業インサイド

パナソニックの次世代モノ作り、SXSWに出展した製品の開発が本格化

印刷する
  • 2017年7月11日 火曜日
  • 中村 勇介

洋服を機器に入れて、その日の気分に合わせて専用の洗剤を使う。洗浄をするとともに紫外線カットといった効果や好みの香りなどをつけて、自分仕様に仕上げられる。専用の洗剤は、スマートフォン向けのアプリから好きなものを選んでいつでも通販で入手可能──。パナソニックは、このような機器とアプリを連携した新しいサービス「MonStyle(モンスティル)」の実現に向けて、検討を本格化させた。事業化は洗濯機を扱う事業部の下で進めている。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み