トップページ国内企業インサイド

"お色気"、"ちょいエロ"動画はシェアに不向き
炎上動画に3つの“思い込み”(前編)

印刷する
  • 2017年8月23日 水曜日
  • 小林 直樹

公開後に批判が寄せられる動画が後を絶たない。問題作が生まれるもとになる3つの“思い込み”から脱して、広く支持される動画広告のあり方を探った。

 「ちょっと俺も出張行ってくる」「全編見たww」「さすがサントリーさん、攻めますねえ」──。7月6日、サントリーが新ジャンル「頂(いただき)」の発売に合わせて公開したWeb動画広告「絶頂うまい出張」が公開されるや、ある企業のマーケティング担当者がこの動画を個人で開設するFacebookにシェアした。すると、業界人から動画を称賛するコメントが次々と寄せられた。

サントリー「頂(いただき)」の発売に合わせて公開したWeb動画広告「絶頂うまい出張」は、批判を受け、翌日に公開中止に
[画像のクリックで拡大表示]

 この動画は、北海道・東京・神奈川・愛知・大阪・福岡を舞台に出張中の男性サラリーマンが現地の居酒屋などで出会った女性から声をかけられて意気投合し、ご当地グルメを肴に「頂」を味わうというもの。だがその内容は、女性がやたらと棒状の食べ物をくわえたり、胸を強調したり、「コックゥ~ん!しちゃった…」「肉汁、いっぱいでました」といったセリフが続いたりと、飲料のCMにしては下品さが否めない。男性の顔は映らずカメラが男性目線になっている体感型の構成や、そもそも「絶頂~」という動画タイトルも、品が良い表現とは言い難いのではないか。

 SNSで批判的な声が上がったことを受け、サントリーは翌7日、早々に動画の公開を中止。ところが上記Facebookには、動画を批判するユーザーへの恨み節が綴られていた。個人的な感想に是非を持ち込んでも仕方ないが、この感性で広告宣伝に携わっていくと、今後相当にストレスがたまるか、あるいは炎上トラブルを起こす可能性も出てこよう。

 サントリー「頂」が鎮火するや、今度は杜の都が燃えた。“出火元”は、宮城県と地域の観光業界が会員になっている「仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会」が夏の観光キャンペーンの一環として公開した壇蜜さん主演のPR動画「涼・宮城の夏」だ。

亀の頭をなでると巨大化する宮城県PR動画
[画像のクリックで拡大表示]

 壇蜜さん扮する伊達家家臣の末裔「お蜜」が、夏バテしている地元のゆるキャラ「むすび丸」を涼しい宮城にお連れする設定。だが、お蜜に寄り添われたむすび丸が鼻血を出したり、「肉汁トロットロ、牛のし・た」というセリフを唇のドアップ映像でささやいてみたり、使いの亀がお蜜に「乗ってもいいですか?」と頭を撫でられ巨大化したりと、やりたい放題。「これで宮城に行きたくなるか?」と地元住民からも悪評が絶えない。

※観光キャンペーンは9月末までだが、8月26日の関連イベント終了後に配信を停止する予定

 度が過ぎたお色気路線が立て続けに不評を買った格好だが、問題はそれにとどまらない。今年5月にはユニ・チャームの紙おむつブランド「ムーニー」の動画広告に対して、働くママを応援したいという趣旨でありながら、「ワンオペ育児を肯定している」と批判が集中した。同様に、多忙な働く女性の美容をサポートすることを狙ったちふれ化粧品は、「女磨きをおろそかにしていませんか?」という広告メッセージで長年の愛用者を失望させた。

 このように近年、特に女性の描き方や心情理解の面で文脈を読めていない広告が、消費者の心証を悪化させるケースが頻発している。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み