トップページ国内企業インサイド

SNS浸透でクレーム多発? いや、今も昔も「不寛容」
炎上動画に3つの“思い込み”(中編)

印刷する
  • 2017年8月24日 木曜日
  • 小林 直樹

「窃盗だろw」「桃の気持ち考えたことがあるのか!」──。ACジャパンが7月に公開したネットモラル啓発アニメ動画「苦情殺到!桃太郎」が話題となった。桃太郎のストーリーに基づいて川で洗濯していたおばあさんが、流れてきた大きな桃を取り上げると、「泥棒ワロタ」「通報!通報!」「謝罪会見マダー?」などのコメントで画面が埋め尽くされるというもの。SNS普及の負の側面である不寛容社会を鋭く描いた傑作だ。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み