トップページ国内企業インサイド

「泣ける!」「胸キュン」動画が人を動かす
炎上動画に3つの“思い込み”(後編)

印刷する
  • 2017年8月25日 金曜日
  • 小林 直樹

どんなクリエーティブなら広く支持を集められるのか。電通パブリックリレーションズ(電通PR、東京都中央区)が「企業魅力度調査」の一環として、どんな感情を伴うものならば企業の情報を人に伝えたくなるかを尋ねたところ、「感動」「胸熱」が2トップで、次いで女性では「信じられない」「爆笑」「カワイイ」と続くことが分かった。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み