トップページ今週のデータ&ランキング

消費者はどのスポーツウエアブランドが好き?(上)
――マクロミル「ブランドデータバンク 消費者3万人調査」より

印刷する
  • 2018年1月26日 金曜日
  • マクロミル ブランドデータバンク、 編集協力:日経デザイン

半年に1回、消費者3万人を対象に、持ち物や嗜好、価値観など、さまざまな項目を調べているブランドデータバンク(bdb)調査。今回は新しいブランドが登場して、急成長することもあるスポーツウエアを対象に、5年前と現状とで、ブランドごとの人気の推移を分析してみよう。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 男性に人気のスポーツウエアブランド・トップ20

 今回はブランドデータバンク調査の2012年12月と2017年6月の調査結果を比較して、スポーツウエア分野の変化を見ることにしよう。

 スポーツウエアというのは本格的に運動をする人でない限り、そうそう新調するものではない。結果として同じブランドを長く使う人が多いと考えられる。

 今回の調査で、2012年12月調査の男女、そして2017年6月町の男女の全てで不動の「トップ2」となったのが「アディダス」と「ナイキ」だ。群雄割拠のこの分野で、男女ともに2~3割という高い支持を集め続けている。

男性トップ5は変わらず

 実は男性のランキングを見ると、3位「アシックス」、4位「ミズノ」、そして5位が「プーマ」と、トップ5のブランドの順位が、この5年で全く変わっていない。

 女性はミズノに代わって「ニューバランス」がトップ5に食い込み、さらにアシックスとプーマの支持率が逆転するといった変化はあるが、トップ5のブランドの顔ぶれは同一。消費者が好むブランドは固定しており、一方、トップブランドにとって、スポーツウエアは“安定したマーケット”ということになるのだろう。

 そんなスポーツウエアの世界でも、かつてはさまざまな新技術を投入し、機能性や性能の高さを競っていた時代もあった。だがここ数年は、そうした開発競争は一段落し、機能・性能ばかりでないブランド力がシェアを決める。そんなフェーズに入っているのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。