トップページ今週のデータ&ランキング

トップ3は「新垣結衣」「石原さとみ」「有村架純」、35~39歳“中流”男性の好みを分析
――マクロミル「ブランドデータバンク 消費者3万人調査」より

印刷する
  • 2018年2月27日 火曜日
  • マクロミル ブランドデータバンク、 編集協力:日経デザイン

半年に1回、消費者3万人を対象に、持ち物や嗜好、価値観など、さまざまな項目を調べているブランドデータバンク(bdb)調査。今回は35~39歳で個人年収が300万〜500万円の男性が好むブランドについて分析してみよう。

[画像のクリックで拡大表示]

 本調査は各ジャンルで1位となっても、獲得した“支持率”は大半が1ケタ台。そんな中、1位の支持率が最も高かったのは趣味のジャンルだ。1位は「インターネット」で25.7%。2位は「国内旅行」、3位は「スポーツ」で、それぞれ23.9%、20.5%の支持を集めた。実際のところは分からないが、「お金のかかる趣味」というイメージではないものが並ぶ。

 趣味についで1位の支持率が高かったのはビール類。1位「アサイ スーパードライ」は25.1%と4分の1以上の人から支持を集めた。続く2位は「キリン 一番搾り」で12%と、スーパードライのほぼ半分。3位「サントリー 金麦」は7%と一桁台で、トップ3の間での差が大きい。

 逆に、トップ3の間で最も差が小さかったのは女性タレント。1位が「新垣結衣」で1.7%。2位が「石原さとみ」で1.6%。そして3位が「有村架純」で1.4%という結果になり、1位と3位との差がわずか0.3ポイントと最小である。

 いずれも人気者揃いで、男性タレントとは違って、回答した人それぞれの好みがハッキリしていて、“投票先”が分散し、1位の得票率が低くなったのではなかろうか。

 同じように投票先が分散したと思われるのは自動車だ。1位「ホンダ フィット」が2.9%、2位「トヨタ プリウス(ハイブリッド)」は2.8%、そして3位「トヨタ ヴィッツ」は2.1%。いずれも人気車種だが、トップ3の間の差は0.8ポイント。甲乙つけ難し。だが、トヨタは強し、であろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。