トップページ今週のデータ&ランキング

25〜29歳の男女は、どのチューハイ・カクテル商品が好き?
――マクロミル「ブランドデータバンク 消費者3万人調査」より

印刷する
  • 2017年8月7日 月曜日
  • マクロミル ブランドデータバンク、 編集協力:日経デザイン

[画像のクリックで拡大表示]
表1 よく購入しているチューハイ・カクテル ベスト20 (全世代男女、%)

半年に1回、消費者3万人を対象に、持ち物や嗜好、価値観など、さまざまな項目を調べているブランドデータバンク調査。今回は20代後半(25~29歳)の人が好むチューハイ・カクテルのブランドについて分析してみた。

 ビールテイストなどのノンアルコール飲料がスーパーやコンビニエンスストアの店頭で棚を増やしている。だが、チューハイ・カクテルも負けてはいない。この商品分野はアルコール飲料メーカーのノウハウを駆使すれば、ビールテーストの商品よりも、ずっと多くの種類を生み出せる可能性が高いと言われている。そこで今回は、チューハイ・カクテル分野のブランドについて、調査をしてみた。

全体1位はキリン「氷結」

 調査対象の全世代男女(以下、全体、表1)で見ると、「よく購入しているチューハイ・カクテル」ブランドで1位になったのはキリン「氷結」(8.2%)だった。続く2位は、サントリー「ほろよい」(7.8%)。そして3位は同じくサントリーの「-196℃ストロングゼロ」(3.8%)という結果になった。

 氷結の独特なボトルデザインは、どこに置かれていても、ひと目でそれと分かるほど定着している。面白いのは氷結以外の商品には、缶の形にそれほど工夫がされていない点だ。

 例えば、キリン「本搾り」(7位、1.9%)や同「BITTERS」(14位、1.0%)は普通の円筒をしたボトルで、そのデザイン面では大きな特徴は見つけにくい。

 一方でほろよいは、ほかにはない柔らかみのあるパッケージデザインになっており、それが好感につながっている可能性がある。もっと言えば、「度数競争には付き合いません」というような、この商品の打ち出し方が、消費者の心をつかむのに奏功しているのかもしれない。

 ただし、それなら、ほろよいは女性の人気が高いのかというと、そうとは言い切れない。ほろよいは、若い男性からも支持を集めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み