トップページサプライヤー動向

大規模ECに向くASP型サイト内検索エンジン、フォルシアが提供開始

印刷する
  • 2017年1月11日 水曜日
  • 中村 勇介

サイト内検索サービス開発のフォルシア(東京都新宿区)は1月11日から、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)型の検索エンジン「Vivace(ビバーチェ)の提供を始める。同社はこれまで、企業のニーズに合わせて、オーダーメードで検索エンジンの開発を請け負っていたが、拡販を目指しASP版を開発した。大規模EC(電子商取引)事業者を中心に、3年で100社の導入を目指す。最初の導入企業は、写真現像・カメラ販売のキタムラだ。同社は中古カメラの販売サイトにVivaceを導入した。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み