• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2018年1月11日

三菱地所レジデンス、ネットスーパー専用宅配ボックスを導入したマンションを開発

 三菱地所レジデンスは、三菱倉庫などと東京都北区志茂に大規模マンション「ザ・パークハウス オイコス 赤羽志茂」を開発する。同社は三菱地所のグループ企業で、住宅分譲事業を手掛ける。ネットスーパー専用の宅配ボックスを導入し、再配達を削減する。国内のマンションで初めてという。モデルルームを1月6日に設けた。1月19日に販売を始める。

 ザ・パークハウス オイコス 赤羽志茂は、宅配ボックスとネットスーパーを組み合わせた配送サービスを行い、冷蔵ボックスも完備する。これまでネットスーパーは鮮度を維持するため、マンションの宅配ボックスへの配送は行っていなかった。利用者が不在時に受け取れないうえ、再配達に伴う輸送のためのCO2排出量も増えていた。

 ネットスーパーは生鮮食品、飲料、日用品、衣料品、ギフトなどをそろえ、1回1000円以上の購入で送料を無料にする。宅配ボックスのインターホンの表示で荷物の到着が確認でき、マンションの共用キーをかざすとボックスの扉が自動で開いて取り出せる。鮮魚の配送サービスも実施し、朝捕れた魚を羽田空港に集めて当日中に届ける。

 敷地にはシンボルツリーのドイツトウヒをはじめ約80種類・約2万7000本の木を植え、緑に囲まれた景観デザインにする。ザ・パークハウス オイコス 赤羽志茂は15階建て4万900.58m2の延べ床面積があり、総戸数500戸(3LDK・4LDK)となる。東京メトロ南北線の志茂駅徒歩6分に位置する。2019年1月の完成、3月の引き渡しを予定する。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」