• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2018年1月11日

JXTGエネルギー、家庭向けにガス小売り事業を開始、東京ガスの供給区域で展開

 JXTGエネルギーは、家庭向けに都市ガス小売り事業を2018年度中に始める。経済産業大臣にガス小売り事業の変更を申請し、登録が完了した。東京ガスの供給区域内での展開を予定している。まず試験的に1月から社員への販売を行う。料金やサービスメニューなどの詳細は今後決定して公表する。

 JXTGエネルギーは八戸地区(青森県八戸市)と水島地区(岡山県倉敷市)にLNG(液化天然ガス)輸入基地、釧路地区(北海道釧路市)にLNG内航船の受け入れ基地を保有し、この3地区を中心に大口の需要家に対して天然ガス・LNGを販売している。併せて、都市ガス会社に向けた卸供給も手掛ける。

 今回、ガス事業の一層の拡大を目的に、対象を家庭向けに広げ、東京ガスの供給区域でガスの小売り事業を実施することにした。2017年4月にガスの小売りが全面的に自由化されたことを背景にする。全面自由化後は、大手電力会社や石油販売会社などが相次いで、ガス小売り事業者の登録をしている。

 JXTGエネルギーは「総合エネルギー企業」を目指し、サービスステーションで石油製品を扱うほか、2016年4月の電力小売りの全面自由化を受けて同月から「ENEOSでんき」「myでんき」ブランドで家庭に電気の小売りを展開している。今回ガス小売りを加え、さまざまなエネルギーニーズに応える。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」