• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2018年1月11日

ホンダ、米国「CES 2018」で可搬式のバッテリーとその活用モビリティーを公開

 ホンダは、米国・ラスベガスで始まった世界最大の家電見本市「CES 2018」(1月9~12日)で、着脱可能な可搬式のバッテリー「モバイルパワーパック」と、それを活用したプラットフォーム(基盤)・モビリティー(移動手段)を公開した。モバイルパワーパックは再生可能エネルギーを利用して発電した電気を蓄えて使用する。

 モバイルパワーパックに蓄えた電気は小型電動モビリティーの動力や、家庭の電源に活用する。必要な時に必要な場所で電力を使えるようにし、低炭素で効率的なエネルギー利用を図る。関連して「エクスチェンジ」「チャージ&サプライ-ポータブル」「チャージ&サプライ-エクスパンダブル」の各コンセプト(試作品)がある。

 エクスチェンジは複数のモバイルパワーパックが同時に充電でき、街中で交換用パックの供給を行う。電動モビリティーの弱点とされる充電時間と航続距離の問題を解決する。チャージ&サプライ-ポータブルはモバイルパワーパックとセットで屋外の電源になり、エクスパンダブルは非常電源や無電化地域の常時電源に活用できる。

 モビリティーは、独自開発した高出力モーターとモバイルパワーパックを搭載した電動スクーター「PCXエレクトリック」で、日本を含むアジアで2018年に発売する。このほか、市街地の移動手段や小口配送などの業務、レジャーに利用できる2人乗りの小型電動モビリティー「モバイルパワーパック4W-ビークルコンセプト」がある。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」