• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年2月1日

トヨタ自動車、豊田自動織機製のFCフォークリフトを導入

 トヨタ自動車は、愛知県豊田市の元町工場に豊田自動織機製の燃料電池(FC)フォークリフトを2台導入し、1月31日に利用を始めた。各工場のCO2排出量削減を目的に計画する、エンジン式フォークリフトからFCフォークリフトへの置き換えの第1弾となる。元町工場では今後もFCフォークリフトの台数を増やしていく。

 元町工場の2台のFCフォークリフトは、環境省と国土交通省の連携事業「水素社会実現に向けた産業車両の燃料電池化促進事業」を活用して導入した。トヨタが2015年に公表した2050年を目標にする環境行動計画「トヨタ環境チャレンジ2050」で目指す、「工場CO2ゼロチャレンジ」の一環として、まず元町工場に入れた。

 トヨタの各工場では、水素の利用に向けて水素エネルギー活用技術の開発・導入を進めている。元町工場以外の工場でもFCフォークリフトの導入・利用を推進してCO2排出量削減に着実に取り組む。元町工場では今回の2台に続いて、2018年には20台ほどを入れ、2020年ごろまでに170~180台程度に拡大する予定となる。

 FCフォークリフトは水素を燃料に発電して稼働する。稼動時にCO2や環境負荷物質を排出しない環境性能と、燃料の充てんが約3分で完了する利便性がある。非常時は外部給電機能によって電源に活用できる。豊田自動織機のFCフォークリフトはトヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」と同じ燃料電池セルを使っている。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」