• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

キヤノン、リサイクルについての環境出前授業が「東京2020参画プログラム」で認証

 キヤノンが展開しているリサイクルについての小学生向け環境出前授業が、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が進める「東京2020参画プログラム(持続可能性)」に認証された。キャノンは環境出前授業の取り組みを通じて2020年の東京五輪に向けた機運を高めるとともに、将来を担う子供たちの育成を図る。

 東京2020参画プログラムは、大会を機に社会が変わったと言われるようにするために開催するさまざまなイベントや事業で、スポーツ・健康、街づくり、持続可能性、文化、教育、経済・テクノロジー、復興、オールジャパン世界への発信の8つのテーマがある。キヤノンの環境出前授業はこのうち、持続可能性で認証を取得した。

 キヤノンは、資源を繰り返し使うことの大切さを将来の世代に伝えることを目的に、「モノの“とくちょう”を利用してリサイクル」と題して、2011年から環境出前授業を実施している。グループ社員が小学校に出向いて講師を務め、プリンターの消耗品リサイクルを題材にする。これまで121回授業を開催し、6900人以上が参加した。

 環境出前授業は、鉄は磁石につくなど学校で学ぶ知識が、ゴミや資源の問題といった社会課題の解決(リサイクル)に直結していることを子供たちに体感してもらう。これにより、持続可能性に配慮して資源を繰り返し使うことの大切さを伝える。参画プログラムとして初めて東京都大田区の小学校で2月9日に授業を開き、今後全国で展開する。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

日経BP  ESG経営フォーラム 新規入会/活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」