• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

三菱重工、子会社が米国タンパ空港に建設した全自動無人運転車両システムが完成

 三菱重工エンジニアリング(MHIENG)が、米国フロリダ州タンパ市のタンパ国際空港に建設した全自動無人運転車両システム(APM)が完成した。同社は三菱重工業の100%子会社で、化学プラントや交通システム、環境製品に関するエンジニアリングを展開する。電気駆動で完全自動走行する。車両も納入した。開業セレモニーが2月7日に開かれた。

 空港を所有するヒルズボロ郡空港公団から、三菱重工の米国法人を通じて2014年に受注した。住友商事の協力を受けた。タンパ国際空港は1970年代に世界で初めて、ターミナル間をつなぐAPMを導入した。MHIENGが今回手掛けたのは、新たに設置されるレンタカー施設とターミナルの間の新しい路線となる。約2.3kmの距離を5分で結ぶ。

 MHIENGはAPMの設計を行うとともに、車両を12両納入した。開業後5年間の運行・保守も受注している。住友商事と共同出資して設立した事業会社が今後、運行・保守を実施する。APMは電気駆動で自動走行する新交通システムで、ゴムタイヤ方式を採用している。このため走行が滑らかで低騒音なことが特長となる。環境負荷も抑えられる。

 三菱重工グループのAPMはマイアミ、ワシントン・ダレス、アトランタの米国各空港で運行している。タンパ国際空港に先立って同じフロリダ州オーランド市にあるオーランド国際空港でも、3路線が営業を始めた。MHIENGは今後も新規路線に加え、既存路線の拡張・更新工事を進める。MHIENGは1月1日付で、三菱重工の事業を承継して発足した。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

日経BP  ESG経営フォーラム 新規入会/活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」