• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年2月15日

三菱地所、東京・大手町に開発した複合ビルが完成、皇居の自然との調和を推進

 三菱地所が東京・大手町1丁目に開発した複合ビル「大手町パークビルディング」が1月31日に完成し、2月13日に完工式典を開いた。隣接する皇居の自然・生物との調和を推進し、「ホトリア広場」と名付けた緑豊かなコミュニティー広場を設けて生物多様性に配慮した。皇居を中心にする生物多様性ネットワークの「見える化」も行う。

 ホトリア広場は、同じ街区の「大手門タワー・JXビル」の敷地と合わせて、約3000m2を整備した。生物多様性を考慮した樹種構成や、巣箱、石垣、水景などさまざまな生物のすみかを設置した。生物多様性ネットワークの「見える化」では、清掃・植栽維持管理業務の一環や、市民参加型のイベントとして「生き物モニタリング」を実施する。

 人と環境、生物をつなぐ交流の森の創出プランで、公益財団法人都市緑化機構の「環境デザイン賞」の特別賞を受賞した。加えて生物多様性保全の取り組み内容が認められ、同機構の「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES)つくる緑」と、一般社団法人いきもの共生事業推進協議会(ABINC)の「いきもの共生事業所認証」を取得した。

 建物には高性能の外装や高効率設備をはじめ各種の環境技術も導入した。ビルに地域冷暖房のサブプラントを整備し、高効率機器と蓄熱層の連携によって街区全体で創エネを図る。大手町パークビルディングは地下5階、地上29階建て高さ約150mで、約15万1700m2の延べ床面積がある。事務所、店舗、サービスアパートメントなどで構成する。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」