• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年3月15日

東京ガス、スマートメーター用通信規格「IEEE 802.15.4e RIT」技術を共同開発

 東京ガスは、スマートメーター(通信機能付き電力・ガス量計)用の無線通信規格の1つ「米国電気電子学会(IEEE)802.15.4e RIT」に準拠した無線技術を京都大学大学院と共同開発した。世界で初という。電池駆動の各種センサーを高密度に設置しても、安定的で高頻度な双方向通信を維持しながら、コストを抑えて低消費電力化を実現する。

 IEEE 802.15.4e RITはスマートメーター用の通信手順の仕様を定めた国際標準規格で、2012年にIEEEが低消費電力、低遅延などの観点から策定した。実用化が期待されていたものの、システム設計の理論解析手法が確立されていないため通信手順の設計ができず、実機が開発されていなかった。東京ガスと京都大学が手法を確立して可能にした。

 東京ガスと京都大学は理論解析手法を基に無線機を開発し、複数台を使って通信する基礎実験に成功した。技術は家電の制御に利用でき、顧客の住宅内の電源配線や設置工事が不要で、IoT(モノのインターネット)サービスを可能にする。コスト低減やコンテンツの拡充にもつながる。両者はこの技術をベースにIoTサービスの実用化を研究する。

 次世代型のガススマートメーター用通信システムは、無線の使用が検討されているが、メーター自らが電源供給できないため無線機も電池駆動が前提になる。そのため、IEEEで低消費電力型無線通信用の手順が標準化されてきた。通信頻度が増加した場合、電波の干渉で伝送効率が下がる問題があり、東京ガスと京都大学はこれを解決する研究を進めてきた。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」