• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年3月15日

三井不動産など、オフィスビルのテナント向けにカーシェアリングサービスを開始

 三井不動産は、オフィスビルのテナント企業向けに法人会員制のカーシェアリングサービスを3月13日に始めた。同社子会社で、不動産仲介・駐車場事業の三井不動産リアルティが100%出資するカーシェアリング・ジャパン(CSJ)とともに、ビルの付加価値を高める。全車種ハイブリッド車(HV)を採用して環境に配慮する。

 三井不動産が運営する千葉市美浜区のオフィスビル「ワールドビジネスガーデン(WBG)」に同日、10台のカーシェアリングサービスを導入した。WBGは35階建てで、約180社のテナント企業が入居する。テナント企業はカーシェアリングサービスに入会することで駐車場、車両リース、保険の各種契約や車検の手続きなど管理の手間が削減できる。

 オフィスビルの敷地内駐車場に車両を配備するため、テナント企業は自社から最も近い駐車場で利用できる。車はブレーキ支援やふらつき・車線逸脱警告機能、ドライブレコーダーを標準搭載して事故を防ぐとともに、事故発生時に映像を記録する。10分あたり120円、夜間(午後6時~翌日午前9時)パック2000円と業界最安値の料金を設定した。

 三井不動産とCSJは、東京都心部や近郊のオフィスビルでサービスを検討し、タクシーやレンタカーと比べたコスト面の利点をアピールして、カーシェアリングの入会・利用を促進する。テナント企業はCSJと契約し、CSJが展開する「カレコ・カーシェアリングクラブ」の利用も可能になる。三井不動産リアルティは4月1日付でCSJを吸収合併する。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2015 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」