• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年3月16日

ヤマハ発動機、水稲栽培の除草剤散布用に無人ボートを開発、遠隔操作で作業を効率化

 ヤマハ発動機は、水稲栽培で田植えやじかまき前後の除草剤散布用に無人ボート「WATER STRIDER(ウォーターストライダー)」を開発した。遠隔から操作でき、薬剤の散布作業を効率化する。エンジンで駆動してプロペラの風で進み、水田を滑走しながら船底から除草剤を散布する。農業関係者向けに4月25日に発売する。

 ウォーターストライダーは英語でアメンボを意味する。ボートやプール製造などで蓄積してきた繊維強化プラスチック(FRP)加工技術を生かして設計した。政府は農業生産コストを現状から4割削減する目標を定めている。国内の農業現場では農地集約や規模拡大に伴って、作業の機械化や効率化が求められていことから開発した。

 全長1660mm、全幅740mm、全高650mmで、重さは薬剤のタンクを除いて24kgとなる。排気量34ccの4ストロークエンジンを搭載する。燃料にはレギュラーガソリンを使用する。燃料タンクは650ccの容量がある。水深が5cm以上あれば滑走できる。薬剤用には容量8Lの着脱式のカセットタンクを採用した。これにより薬剤の補給を迅速に行える。

 水稲生産は育苗から田植え、刈り取り、脱穀までさまざまな作業がある。除草剤の散布は従来、あぜからの投げ込みが中心だった。ウォーターストライダーを利用すると専用送信機を使った遠隔操縦で容易に散布でき、作業の省力化を実現する。97万2000円(税込み)の価格を設定した、国内年間150台の販売を計画している。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」