• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年4月21日

ホンダ、「上海モーターショー」で新型SUV「CR-V HYBRID」初公開、中国で発売

 ホンダは、中国・上海で始まった自動車展示会「上海モーターショー」(プレスデー4月19、20日、一般公開21~28日)で、新型SUV(スポーツ用多目的車)のハイブリッド車(HV)「CR-V HYBRID(ハイブリッド)」を世界初公開した。中国で2017年後半の発売を予定している。ホンダは中国で電動化に向けた商品の投入を加速させる。

 CR-Vハイブリッドは、2モーターで構成されるハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)i-MMD(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)」を搭載し、力強い走行性能と環境性能を両立させた。先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」をはじめとする各種装備を採用して展開する。

 ホンダは、CR-Vハイブリッドに続いて中国で電動車両の投入を進め、2018年には中国専用モデルとなる新型電気自動車(EV)の発売も計画する。中国で排ガスのクリーン化、燃費の向上、電動化の3つの領域で世界最高の水準が求められていることに対し、独自技術で応える。大きく変化する中国市場で新しい技術を積極的に導入する。

 ホンダは、2030年をめどに四輪車の世界販売台数のうち3分の2を電動車両に置き換える目標を掲げていて、今後さらに電動化技術の開発速度を上げる。上海モーターショーのホンダブースでは、人工知能(AI)を搭載して自動運転機能を備えるEVコミューター(超小型EV)の試作車「Honda NeuV(ニューヴィー)」を中国で初めて公開した。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2015 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」