• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年5月17日

積水ハウス、2016年度の新築一戸建て住宅のZEH比率で目標を上回る74%を達成

 積水ハウスは、2016年度の新築一戸建て住宅のネット・ゼロ・エネルギーハウス「ZEH」比率で目標の71%を上回る74%を達成した。2013年に販売を始めた自社のZEH「グリーンファーストゼロ」の累積販売数は、2017年3月末で2万8195棟になった。日本で最も多いという。2020年の目標に掲げる80%の早期達成に向け、取り組みを加速させる。

 ZEHは、断熱性や省エネ性能を上げるとともに太陽光発電システムなどでエネルギーを創ることで、年間の一次エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)収支をプラスマイナスでゼロにする住宅を指す。政府は「2020年までにZEHを標準的な新築住宅にする」方針を掲げる。積水ハウスはこれを受け、グリーンファーストゼロを展開している。

 グリーンファーストゼロは、CO2排出量を1990年比で50%削減する住宅として、2009年に販売開始した「グリーンファースト」に続いて投入した。ZEH比率は北海道を除いて、2013年度に既に49%となり、その後2014年度に62%、2015年度に71%と順調に比率を高め、2016年度には74%に到達した。棟数は各年6103棟、6638棟、7512棟、7942棟だった。

 95の支店(賃貸住宅支店を除く)のうち27支店でZEH比率80%を超え、6支店は90%を達成した。積水ハウスは庭を楽しむ暮らしを考慮し、窓を小さくして断熱性能を高めるのではなく、高性能・高断熱窓を採用したり、屋根の形状に左右されない瓦型の太陽電池や燃料電池を組み合わせたりすることなどで、ZEHにできない条件を減らしている。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2015 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」