• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年6月7日

東芝、純水素燃料電池システム受注、大和ハウスが川崎市に建設中のホテルに設置

 東芝は、出力100kWの純水素燃料電池システムを昭和電工から受注した。大和ハウス工業が川崎市の国際戦略拠点、殿町キングスカイフロント地区に建設中のホテル「東急REIホテル」に設置される。同ホテルは2018年春の開業を予定し、燃料電池システムでつくられる電気や熱などのエネルギーを有効活用する。

 受注した純水素燃料電池システムは、昭和電工の川崎事業所(川崎市)で使用済みプラスチックから精製した水素を使用して発電する。昭和電工は環境省の「2015年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」として実施している。プラスチック由来の水素は常時、パイプラインで輸送されることになる。

 このシステムから東急REIホテルに100kWの電力を供給すると同時に、発電の過程で生成される熱もホテルで利用する。東急REIホテルは環境に配慮する取り組みの一環で、純水素燃料電池システムを導入する。殿町キングスカイフロント地区は、ライフサイエンス・環境分野の企業や研究機関が集積する拠点になっている。

 純水素燃料電池システムは水素を直接使用して発電する仕組みのため、CO2を発生することなく発電できる。発電を5分の短時間で始められるのが特長だ。100kWは東芝グループの純水素燃料電池の中で最大となり、山口県周南市の地方卸売市場や総合化学メーカーのトクヤマが行う実証プロジェクトにも導入されている。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」