• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年6月12日

トヨタ自動車、IUCNとバンコクで生物多様性イベント開催、レッドリストの認知向上

 トヨタ自動車は、国・政府機関や非政府機関で構成する国際的な自然保護ネットワークの国際自然保護連合(IUCN)と、タイの首都バンコクで生物多様性に関するイベントを5月23日に共同開催した。IUCNが作成している絶滅の恐れがある生物種リスト、レッドリストの認知と、生物多様性保全への意識の向上を目的にする。

 トヨタはIUCNと、IUCNのレッドリストの強化に関して協働することを2016年5月に公表している。今回、パートナーシップの一環としてアジアの主要国の1つになっているタイで、イベントを開いた。同国政府、大学関係者、学生、NGO(非政府組織)、企業の代表、メディアなどさまざまな利害関係者約220人が参加した。

 イベント会場では各分野の代表らがスピーチした。代表からは「このような協働の取り組みが官民一体となって広がっていくことを期待する」「同じ意思を持った仲間を歓迎し、増やしていこう」などのコメントが寄せられた。生物多様性を保全するためには多くの人たちが協力して進めることが重要になる、と強調した。

 トヨタは環境目標「トヨタ環境チャレンジ2050」実現に向けたプロジェクトとして、IUCNとのパートナーシップで活動を5年間支える。IUCNは、生物多様性の保全状況をより包括的に把握することを狙いに、評価実施済みの絶滅の恐れがある生物種を2020年までに16万種にする計画で、トヨタの支援で絶滅危険性を調べる。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」