• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年6月15日

伊藤忠商事、「脱スーツ・デー」を金曜日に実施、関連する各種プログラムを展開

 伊藤忠商事は、スーツを着用しないで業務する「脱スーツ・デー」を6月16日から金曜日に実施する。専属のスタイリストによるトータルコーディネートをはじめとする各種プログラムを展開して社員を啓発する。社員それぞれが持つ能力の発揮を促す働き方改革の新しい施策に位置付ける。併せて空調の負荷低減による省エネにもつなげる。

 伊藤忠は金曜日にカジュアルな服装で仕事をする「カジュアルフライデー」を1995年に始めた。近年は省エネを目的に軽装で業務する「クールビズ」も行っている。しかしカジュアルフライデーは20年以上経過して、実効性がほとんどなく、クールビズはネクタイをしないことを意味するだけになっているため、脱スーツ・デーを打ち出した。

 脱スーツ・デーはビジネスマンの制服とされるスーツではなく、自らに合った個性的な服装を着用する日となり、ジャケットなど上着を着ないことではない。クールビズを進めた軽装「スーパークールビズ」とも異なる。概念が分かりにくいことから社員男女10人を募り、百貨店の伊勢丹新宿本店の協力でトータルコーディネートを行う。

 1人の社員に1人のスタイリストが付いて夏、秋、冬と季節に合わせて服装を決め、それをモデルにして社内で共有する。このほか全社員向けにドレスマナーを改定してデニムなどのスマートカジュアルを推奨する。コーディネート・スタイリングイベントや、社内研修でのドレスマナーや時・所・場合に応じて服装を選ぶ講義も予定する。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」