• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年6月27日

NEC、グループ企業が青森県漁連にAI技術を使って密漁を監視するシステム納入

 NECフィールディングは、青森県漁業協同組合連合会(青森県漁連)にNECの最新AI(人工知能)技術を使って密漁を監視するシステムを納入した。同社はNECのグループ企業で、IT(情報技術)サポートサービスを展開する。陸奥湾で24時間365日監視し、近年増加しているナマコの漁業被害を抑制し、資源の枯渇を防止する。システムの販売を6月26日に始めた。

 納入した密漁監視システムは、陸奥湾内の複数箇所にサーマル(熱)と高解像度を組み合わせた高機能監視カメラを設置し、カメラの画像を監視センターで一元管理するとともに、AIを活用した画像解析で不審船や不審者を自動的に発見して即時に通知する。機器の安定稼働のための運用・監視・保守サービスも24時間365日体制で提供する。

 これによって陸奥湾内で不審船を監視する作業負荷を軽減すると同時に、ナマコの密漁を抑止してナマコの安定供給を図る。青森県漁連は同県内の各漁業協同組合で組織する。同県は日本海、津軽海峡、太平洋と陸奥湾に囲まれ、豊かな漁場に恵まれる。近年、陸奥湾でナマコの漁業被害が増えていることから、密漁監視システムを導入した。

 システムは、監視用サーマルカメラ、監視サーバー、録画ストレージ(保管装置)、AIサーバー、ネットワーク機器、設計構築作業で構成し、最小構成で1500万円(税別)からの価格を設定した。NECフィールディングが24時間365日の監視と構築、運用・保守を支援する。機器トラブルの際は最寄りの拠点からエンジニアが出向いて復旧する。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」